実際どんな感じなの?スタイリストの仕事について

styling

 

私はBLUE EARTHでブログライターをしている以外にも、さまざまな仕事をして暮らしています。
今日はそのうちのひとつ、スタイリストの仕事についてお話したいとおもいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタイリストとは?

スタイリストとは、テレビや映画、雑誌などの出演者が身につける衣装やアクセサリーなどを集め、髪型も含めコーディネートする職業です。

また、近年は芸能人などだけではなく、会社社長や講師、医師、政治家など人前に立つ職業の人物のスタイリングを日常的におこなう、パーソナルスタイリストという立ち位置の人もいます。

リース

一般的にスタイリストは、洋服のブランドやショップ、またはプレスを担当しているPR会社から、
テーマにあった衣装をリース(貸し出し)してもらうことが多いです。
そのため、人脈も実力のうちのひとつ。業界に沢山知り合いがいれば、選択肢の幅もひろがります。

返却

リースは、実は借りるときよりも返すときの方が大変です。大規模な撮影ともなると、
様々な衣装を様々なところから借りてくるので、どこから何をいくつ借りて、最終的に何を使ったのか、
を明確に把握しておかなければいけません。もちろん、返却期限もありますし、
人気アイテムは沢山のリース以来が入っていることもありますので、スムーズな対応が必要とされます。

さまざまなジャンル

スタイリストによって、専門とするジャンルや得意なジャンルが異なります。
しかし現在活躍している多くのスタイリストのひとたちは、
ありとあらゆるジャンルのスタイリングを提案経験した後、自らの専門とするジャンルを
見定めていく人が多いようです。何事も経験ですね!

スタイリストには免許がない

スタイリストになるには、必ず取得しなければならないという免許、資格がありません。
その為、人によって仕事のやり方も様々、決まったルールのない特殊な職業です。
まさにファッション。自由度が高いです。

まずはアシスタントから

とはいっても、一般的にスタイリストになるには、現在活躍しているスタイリストのアシスタントとして
弟子入りし、そこで師匠から、スタイリストとしてのノウハウを学びます。
最初は、リースの返却や車の運転を含めた雑用が中心。
これはときには非常に忙しく、大変なときもありますが、この下積み時代を経て様々な人と知り合い、
技術やセンスを磨きながら人間関係を形成していくのはとても重要なことで、
ここでいかに頑張ったかが、いずれ自分が独立した際のチカラとなります。
慣れてきて、信頼を得ることができれば、スタイリングの手伝いや、
仕事そのものを任せてもらえるようになるかもしれません。

スタイリストになるために大切なことは?

洋服に関する知識やセンスももちろん大切ですが、様々な人たちと関わる仕事ですので、
交渉力やコミュニケーション能力、きちんと納期を管理する意識や、つねに時代の先端をよみとる洞察力、
そして自ら足をはこんで触れるという行動力、朝がはやくても夜が遅くても乗り越えられる体力
が必要だとおもいます。意外にもハードで、地道な動きが多いですからね。

あまり日常の中で触れ合う機会の少ないかもしれない職業ですが、
人に一番最初に伝達される情報・視覚的情報にかかわる、実はさまざまな会社にとっても重要な仕事。
素敵な人や、素敵な洋服をより素敵にみせるスタイリストという仕事について、今日はご紹介しました。

 

 

 

image2

完全成果報酬の営業代行会社
株式会社ブルーアース

《営業マン 積極採用中》
047-433-9909

※当HPに掲載された画像は一部、著作権、及び肖像権等の許可を得ていないものがございます。
記事削除の申し出があった場合は速やかに対応いたしますので、不都合等がございましたらご連絡ください。

The following two tabs change content below.
Hatch

Hatch

2010年9月に Me And My Friendsという名のクリエイティブチームを立ち上げて以来精力的に活動を行い、現在ではイベントのプロデュースからファッションブランドのPR、スタイリング、キャスティング、ライター、DJ、講師等その活動は多岐にわたる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブルーアース

〒273-0011 千葉県船橋湊町2-4-5 NO.01

047-433-9909