似ているようで全く違う?「おしゃれ」と「身だしなみ」について

midasinami

 

こんにちは。私は普段、ファッションに関わる仕事などを中心に
活動しているのですが、毎度おなじみBLUE EARTH新井から
「せっかくだから服に関わる記事を書いてほしい」とお題をもらったので
本日は「身だしなみとおしゃれ」の関係性について少しお話したいと思います。

「おしゃれ」と「身だしなみ」は同じようで違う?

 

まず最初に。「おしゃれ」と「身だしなみ」という言葉は似ているようでいて微妙に異なります。
「あの人おしゃれだね」と言われる人が必ずしも「身だしなみの整った人」
でもあるとは限らないからです。
その反面「身だしなみの整った人」は、お洒落にもみえるでしょう。
すでに何のことを話しているのかちんぷんかんぷんになっている方もいらっしゃるかもしれないので、
もう少し細かく説明したいと思います。

kushi

「身だしなみ」とは人の為と捉えよう

 

あなたは普段、洋服を選ぶとき、どういった観点で選択をしていますか?
「このデザインが好き」 「この色、柄が好き」 「このシルエットが好き」
洋服は自分の気分を高め、人生を豊かにもしてくれる素晴らしいものだと思っています。
ですから上にあげたような観点は、洋服選びにおいてとても大切な要素ですね。
しかし、身だしなみを整えるときの洋服の選び方はそれだけではいけません。
この服、◯◯に行くときに(あるいは◯◯さんに会うときに)失礼ではないだろうか
ということを考える必要があるのです。
ファッションとはついつい自己満足で完結しがちですが、
相手があってこそのファッションでもある。
そして、自分のことよりもその相手のことを考えるのが身だしなみです。
明確にドレスコードのある式やパーティだけが身だしなみの求められるところではありません。
例えば、仕事でお客様に挨拶しにいくとき。付き合っている恋人の両親に挨拶へいくとき。
こういった場面において、多くの場合求められるのはいかにその人がファッションセンスに長けているか
ではなく、清潔感やきっちりとした雰囲気です。
服や髪を清潔に保ち、全身の色合いに統一感を持たせ、サイズや丈に関しても
大きすぎず小さすぎず、長すぎず短すぎず自分にピッタリのものを選ぶことが大切です。
そして、そういった身だしなみの整った人は必ずしも個性的ではないかもしれませんが
とても洗練された、お洒落な人にもみえるでしょう。

 

dresscodeまずは基本から

そう、自らの個性を発揮しながらお洒落をするということは、
ルールにのってってきっちりとした格好をしてお洒落にみせるよりも
実はずっと難しくレベルの高いことなんですね。
だからこそ、あなたがもし、そういった個性的でお洒落な人になりたいと思っていたとしても
まずは基礎を知り、実践することが大切です。
なぜなら服装にはスタイルによって、実は明確なルールがあるのです。
そして、ルールがあるからこそ、それを壊したり、崩したりして遊ぶことができるんですね。

では、ルールとは具体的にはどういうものがあるの?と思った方。
それについてはまたいつか、機会があればお話することにしましょう。

image2

完全成果報酬の営業代行会社

株式会社ブルーアース

The following two tabs change content below.
Hatch

Hatch

2010年9月に Me And My Friendsという名のクリエイティブチームを立ち上げて以来精力的に活動を行い、現在ではイベントのプロデュースからファッションブランドのPR、スタイリング、キャスティング、ライター、DJ、講師等その活動は多岐にわたる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブルーアース

〒273-0011 千葉県船橋湊町2-4-5 NO.01

047-433-9909