深すぎる……音楽サブジャンルの世界~洋楽ロック編~

4d2d5456282bd8516ed59bdd78fac73e_l

米「Spotify」や仏「Deezer」を筆頭に、近年、盛り上がりをみせている音楽ストリーミングサービス。ようやく日本でも一般認知されはじめ、「AWA」や「LINEミュージック」、「アップルミュージック(Apple Music)」がCM等で賑わいをみせています。
そんな音楽の多様化もさることながら、その一方で、増え続ける音楽ジャンルの多さに戸惑っている方も多いのではないでしょうか。今回は、来る夏フェスシーズンに先駆けて「ROCK」にフィーチャー。細分化された各ジャンルの特徴をYoutube動画とともに紹介してみようと思います。

 

ROCKとは?

リズム・アンド・ブルース(R&B)から影響を受け、50年代にアメリカで誕生しました。8ビート、スリーコード、エレキギターを基調とするサウンドが特徴。ギター、ベース、ドラムで構成され、自分で曲を作り、演奏するものが広義のロックとされています。

 

実はサブジャンルだけで約100種類……

これまたややこしいことに、実は「ロック」というだけでもかなりの数の派生(サブジャンル)が存在します。面白半分に以下に並べてみましたが、眺めただけでも「音楽のジャンルって一体なんなのだろう……」と混乱してしまいそうですね。

HR・HM / アート・パンク / アート・ロック / アイリッシュ・パンク / アメリカン・ハードコア / アメリカン・プログレ・ハード / インダストリアル・メタル / インダストリアル・ロック / インディー・フォーク / インディー・ロック / ウェストコースト・ロック / AOR / エモ / エレクトロニコア / エレクトロ・ポップ / オイ! / オールドスクール・ハードコア / オルタナティヴ・ロック / ガールズロック / ガレージロック / カントリーロック / クラウトロック / クラシック・ロック / クラストコア / グラムロック / グランジ / クリスチャン・ロック / クロスオーバー・スラッシュ / 激情系 / ゴシック・ロック / サイケデリック・ロック / サザン・ロック / C-ROCK / ジャズ・ロック / シューゲイザー / シンセポップ / シンフォニック・ロック / スクリーモ / ストーナーロック / スペース・ロック / スロウコア / 青春パンク / ソフトロック / ダンス・パンク / チェンバー・ロック / テクノポップ / デジタルロック / ドリーム・ポップ / ニュー・ウェーヴ / ニューゲイザー / ニュースクール・ハードコア / ニューヨーク・パンク / ニュー・ロック / ニューレイヴ / ネオアコ / ネオ渋谷系 / ノイエ・ドイチェ・ヴェレ ノイエ・ドイチェ・ヘァテ / ノイズコア / ノイズポップ / ノイズロック / ノー・ウェーブ / ハードコア・パンク / ハードロック / パブロック / パワー・ポップ / パンク・ロック / ピアノ・ロック / ビートロック / フォークロック / ブラス・ロック / ブリティッシュビート / ブルースロック / プログレッシブ・ロック / プンタ・ロック / ヘヴィメタル / ポスト・グランジ / ポスト・ハードコア / ポストパンク / ポストメタル / ポストロック / ポップ・パンク / ポップ・ロック / マスロック / マッドチェスター / ミクスチャー・ロック / メロディック・ハードコア / ユーロロック / ラーガ・ロック / ラウドロック / ラスティック / ラップロック / リバプールサウンド / ロック / ロック・オペラ ロックンロール(Wikipediaより)

 

有名な曲を聞いてみよう

以下に代表的な楽曲をピックアップしてみました。どれもが世界的な人気をほこるアーティストばかりなので、好きなジャンルを発見したら、ぜひYoutubeなどで追いかけてみてください。自分の好きな音楽がきっと見つかるはず!

 

■ロックンロール

Roll Over Beethoven (live) – Chuck Berry 

アメリカ発祥の現代音楽における「ロック」のルーツといえるジャンル。
「rock(揺らす)・roll(転がす)」というその名の通り、空気を震わすような曲調が特徴。さまざまな派生ジャンルを生み、それらをひっくるめた呼称として「ロック」や「ロックミュージック」と称されています。
通常、「ロックンロール」と言う時は1950年代の古典的なものを指すことが多いようです。

 

■パンク

 The Sex Pistols – Anarchy In The U.K (official video)

ガレージ、ビート・ロックの影響を受けながらも、音楽産業へのアンチ・テーゼとして社会運動化した音楽ムーブメントを指します。音楽ジャンルとしてだけでなく、ファッション、スタイルに囚われず、反社会的な姿勢そのものを総称してパンクと呼びます。攻撃的なリズム・批判や怒りを含んだ政治的思想・メッセージが特徴。

 

■ポップ・パンク

Green Day – Basket Case (Live) 

全体的に政治的主張や過激なパフォーマンスを排除した曲が多く、パンクに比べて聴きやすいロック。演奏はパンクと同じく、複雑なコード進行を用いないものが多い。

 

■ハードロック

Deep Purple – Made in Japan – Highway Star (video) 

ブルースを基調に、歪ませたエレキ・ギターを強調したサウンドが特徴。初期はサイケやブルースの混合物としてスタート、70年代初頭に「ハードロック」の呼称が定着しました。
「レッド・ツェッペリン」や「ディープ・パープル」などが代表的。

 

■ヘヴィメタル

Metallica – Master Of Puppets (Live) 

ハードロックの延長として誕生。そのため、ハードロックとヘビーメタルの明確な境界線は薄く、ひとくくりに「HR/HM」と呼んだりします。直線的な縦ノリ、歪ませた激しいサウンド、重低音を強調したサウンドが特徴。早弾きやボーカルが叫んだりと、 歌詞・楽曲共に攻撃的。

 

■オルタナティブ

Nirvana – Smells Like Teen Spirit (Live at Reading 1992) 

商業的な成功を狙う似たり寄ったりのバンドに対してのカウンターカルチャーとして誕生。音楽ジャンルのひとつとしてイメージされることも多い「オルタナティブ」ですが、実は「時代の流れに捕われない普遍的なものを追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーン」のことを指します。
そのため、「流行したらオルタナじゃない」といわれてしまったりと、ロックにおける曖昧なジャンルのひとつになっています。

 

■おまけ動画

História da Música (Historia de la Música – Lecciones Ilustradas) (History of Music)

 

100 Riffs (A Brief History of Rock N’ Roll)

 

Red Hot Chili Peppers – Dani California [Official Music Video]

 

 

image2

完全成果報酬の営業代行会社

株式会社ブルーアース

※当HPに掲載された画像は一部、著作権、及び肖像権等の許可を得ていないものがございます。
記事削除の申し出があった場合は速やかに対応いたしますので、不都合等がございましたらご連絡ください。

The following two tabs change content below.
フジミネオ

フジミネオ

フリーランス編集&ライター 執筆活動のほか、フォトグラファー、WEB制作、イベントの企画運営など、幅広く自由にやっている、“地に足つかない系”クリエイター。 ダニエル・ノリスのような生活に憧れている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブルーアース

〒273-0011 千葉県船橋湊町2-4-5 NO.01

047-433-9909